読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

発達障害を中心に雑多に更新していきます。

テクノロジーは関係ないと思っているあなたへ「インターネットの次に来るもの」1度は読むべき。

書籍関連
スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

少し前に「〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則」が読了してました。咀嚼するのに少し時間がかかったため、タイムラグありで感想書いていきます。

 

〈インターネット〉の次に来るもの―未来を決める12の法則 Amazon

 

インターネット文化の次は宇宙だと考える 

この本のタイトルを読むとインターネットの次に来るものを教えてくれるように勘違いしてしまいそうな方には、あまりオススメできません。

ケヴィン・ケリーという人が著者なんですけど、このオジさんめちゃくちゃ切れ者でして...今の時代の仕組みやインターネットが今まで及ぼした影響、今後のAIについてなどわかりやすく説明してくれます。

 

インターネットの次はAIだと言う人は多いでしょう。ケヴィン・ケリーもAIの精度がもう少し上がれば、今後出てくるビジネスモデルは200種類くらい思いつくって言っています。

読んだ時は「え?200種もおもいつくの?」って思ったけど、その後タネを説明されて納得。僕でも50種はおもいつくわ!ってなりました。

そのくらい丁寧に教えてくれている本なんですけどね。

 

で、まぁーAIだったりVRだったりとか色々インターネットの次って考えるとあるんですけど。僕の感覚だとAIもVRもインターネットに依存しているものなわけで...

もっと違うものって考えると宇宙だなって思ってるんですよね。ほら、インターネットが出てきた時って何モノかわからないような感覚だったじゃないっすか。

 

なにこれ?今までになかったんですけど...っていうさ。この感覚のものが2030年くらいにくるんじゃないかなぁーって思ってます。場所は宇宙でね。

関連記事:10年後に宇宙の土地を買おうと考えています。「未来に先回りする思考法」を読んで思った。

 

ケヴィン・ケリーは化け物でございます。

f:id:kiyosui:20170105100544j:plain

出典:ケヴィン・ケリーが教えてくれる「本質的に”不可避”な未来」|WIRED.jp

 

『WIRED』の創刊編集長のケヴィン・ケリーなんですけど。この方64歳です。「インターネットの次に来るもの」を読んでいて64歳が書いた本とは思えないんですよ。

いやーもう、化け物です。30代の人が書いたような本に感じる時もあるし、めちゃくちゃ経験を積んだおっさんが書いた感じもするときがあって...本を読んでいるとこの人何歳なの?

って錯覚とかじゃなくて、『年齢がわからなくなる』

 

経験と若さを備え持っているってこの人のこと言うんじゃない!?って超関心しました。自分が60歳を超えた時にここまでパワフルで若々しい脳を持っていることが可能なんでしょうか...

テクノロジーの力を借りれば可能かも。

 

ケヴィン・ケリーが20代のころってインターネットがなかったのにインターネットネイティヴのような感覚を持っているってすさまじい...

あと20年生まれてくるのが遅かったらもっと化け物扱いされていたでしょうね。ジョブズやザッカーバーグの様に。

 

未来に興味がない人は絶対に読んじゃだめ

なんとなーっく毎日同じ仕事して、平凡に生きていきたいって思っている人は絶対読んじゃダメだよ!

 

たぶんこうなっちゃう。

  • たぶん楽しくないと思う。
  • 変に焦ってしまうかもしれない。
  • そんなこと起きないっしょで終了。
  • 何言ってるかわからない。
  • あー勿体無い金使ったってなる。

安い本じゃないから絶対に買わないほうがいいよ!1%くらいの人は何かに目覚めるかもしれないけどね!

 

これと逆の価値観を持っている人には絶好の本だ!めちゃくちゃ良い本だ!ケヴィン・ケリーが考えていることをだいたい吸収できる。

しかも多方面のジャンルで活用できることばかりです。あなたがもし映画監督を目指していて、俺には関係ないな...って思っていたとしたら損します。

関係あるんですよ。厳密に言うと、生きている人間が全員関係あるんですよ。

 

もちろん、ケヴィン・ケリーの考え方が間違えることもあるんですけどね。

 

1度は読んでおいたほうが良い本認定です。

確実に一度は読んでおいた方が良い本です。この本と合わせて読むと良い本がもう一つありまして...

 

▼こちら

 

「未来に先回りする思考法」です。この本を合わせて読んでおくといいでしょう。というか先に読んでから、ケヴィン・ケリーの本に入ると世界観に入りやすいです。

僕は「未来に先回りする思考法」→「インターネットの次に来るもの」の順番で読みました。

 

さらにこちらの本も合わせて読みたい!

 

この本たっけぇんだわ...すげぇたっけぇんだわ...4000円くらい。まだ買えていません。たぶんこれも読んでおくとより一層、理解を深めることができるでしょう。

 

最後に

テクノロジーとは今後の生活で切っても切り離せない関係に人間はあります。なくなったらもう大変ですからね!

インターネットがなくなるなんてことが起きたら、困る人いっぱいいるでしょ?犬屋敷みたいな世界になったらガチで困るでしょ?

ブロガーさん全滅ですよ!Youtuberもね!なので、俺は関係無いと思っているあなたも関係しているんですよ。

かなり恩恵を受けている。そんな切り離せないテクノロジーのお話をふんだんに聞きたい人にオススメの一冊となっています。