読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

発達障害を中心に雑多に更新していきます。

糖質制限はADHDに効く?MEC(メック)は良いかもしれない。

オピニオン 発達障害
スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20160606093251j:plain

ども!キヨスイです!

 

月子さん効果?!でGoogle『spaces』のメンバーが17人まで増えてきました!昨日から9人増加!すごい!

明日のフリートークが楽しみです。

kiyosui.hatenablog.com

では、本題へ。 

糖質制限はADHDに効果あり!?

昨日こんな記事を見つけました。今回はこの記事について言及を。

toyokeizai.net

こんなこと書いてあったんです。

「発達障害」の少年が脳機能を取り戻せた理由
私はこれまで機能性医学のエキスパートとして5万人を超えるクライアントに健康指導を行い、さまざまなパフォーマンスを大きく改善に導いてきました。その中にはハリウッドスターやサウジアラビア王族をはじめとする世界のトップエグゼクティブたちもいます。
もともとこの道を志した原点は、自らの実体験にあります。中高生のころ、脳がうまく機能せず、集中力が続かないために授業や学習にまったくついていけず、病院で「ADHD(発達障害の一種)」の診断を受け、特別クラスに入れられたのです。
その後も一向に改善しない様子を見かねた両親が、あるとき著名な自然療法医のもとへ私を連れていってくれました。そこで受けたアドバイスが「まず、食事を変えなさい」というものでした。
「砂糖(糖質)を控えること。そして、“良いアブラ”(脂質)を積極的に摂ること」――。自然療法医が示したこの2つのルールに沿った食事を実践したところ、わずか数週間で変化が起こりました。それまでずっと脳に“もや”がかかっているように感じていたのがすっきりと晴れ、授業中の集中力を取り戻しただけでなく、成績でも「オールA」をとるなど、周囲が驚くほどの優等生に変貌したのです。

いやービックリ記事です。目玉飛び出ました。糖質制限がADHDに効いた事例が出てきちゃったんですね。

実は僕、一昨年から糖質制限をしています。糖質制限というとちょっと語弊がありますが、MEC(メック)という食生活を実行中なのです。

僕はいつも朝から肉食べています。贅沢にステーキ食べちゃっている日もありますね。

始めたころはパートナーの『ぴぃ』(発達障害者)も同じ食生活にしていましたが、彼は体に合わないとのことで断念。それどころか彼は1日にコーラを1リットルから2リットルほど飲んでいます。

コーラを摂取すると調子がいいと...(笑)僕的にはそんなことないと思っているんですけど、自分に合理的配慮?と言い聞かせて黙認しております(笑)

ちなみに僕の体調はすこぶる良いです。甘い物も食べる時は食べますけど、食べる順番は気にしています。

MEC(メック)にとは?

MEC(メック)について説明を。

考案者は沖縄県那覇市にある「こくらクリニック」の渡辺信幸医師です。離島での医療に長く携わった経験から予防医療を重視しており、その具体策として食事療法を取り入れるようになりました。その食事療法こそがMEC食であり、エッセンスを盛り込んだ著書も上梓しています。

MEC食(メック食)は、肉(Meat)、卵(Egg)、チーズ(Cheese)の頭文字から名づけられました。この3つの食品を食生活の中心にし、ひと口30回よく噛んで食べることで、1日に必要な栄養素を可能なかぎりコンプリートしようとする考え方によって成り立っています。それをすることで、

◎4つの必須栄養素(タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル)を十分に摂取する
◎必須ではない栄養素(炭水化物≒糖質)をなるべく食べないようにする

という状況をつくり出します。必須栄養素をきちんと摂取することで健康になって体力がつき、片頭痛・不眠・倦怠感・生理不順など数々の不定愁訴も改善していきます。アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状が改善したという人も、数多くいます。また、肥満の最大の原因物質であり、過剰に摂取すると脂肪細胞を肥大させてしまう糖質を控えることによって、減量(または痩身)も期待できます。糖質を摂らない食生活が血糖値を安定させるため、糖尿病をはじめとする生活習慣病の予防や改善にもつながります。ただし、ただ単に肉と卵とチーズを食べればいいのではなく、「ひと口30回よく噛むこと」が重要です!

引用:http://matome.naver.jp/odai/2143993900423771701

MEC(メック)を始める際に必ず読んでほしい本はこちらです。この本を読まないと間違った食生活をしてしまい、逆に体調が悪くなります。いくつかのポイントがありますので、必ず本を読んでから実行することをオススメします

僕もこの本を読んでから始めました。

 

言及先の記事と少しだけ内容が異なりますが、MEC(メック)をすることでADHD患者が良くなる可能性があるという認識もできませんでしょうか?

この記事では良いアブラを摂取することも同時に進めていますね。

「4つのアブラ」をバランスよく摂ろう

では、どうすれば「“良いアブラ”(脂質)を積極的に摂る」ことができるのか?

近年、オリーブオイルやココナッツオイルのブームを皮切りに、亜麻仁オイル、えごまオイルなどの「健康に良い」と言われるアブラをスーパーでもよく見かけるようになりました。こうしたアブラは大きく「飽和脂肪酸」「オメガ9」「オメガ6」「オメガ3」といった種類に分かれるのですが、「どれか1種類に偏るのではなく、不足しがちな『オメガ3』を中心に、すべてをバランスよく摂る」ことが重要です。

『良いアブラ』を摂るにはこの本がオススメみたいです。

 

MECではこれらを脂質とまとめて、脂質をしっかり摂りましょうねという形式になっています。

遅延型ADHDにも繋がる?

先日書いたこの記事。

kiyosui.hatenablog.com

僕が一番気になったのは遅延型ADHDにも繋がるのかな?という点です。環境下によって遅延型としてADHDが発症するとなると、食生活もめちゃくちゃ影響してくるんじゃないかと。

目が悪い家族って家族揃ってメガネかけていることってありません?僕これも食生活がとても影響しているんじゃないかな?って考えています。

もちろんADHDも目が悪い家族も遺伝というものの影響は避けられませんが。。

 

遅延型ADHDを発見した、研究グループには遅延型ADHD対象者の食生活なんかも今後調べて行ってもらえたら『糖質制限はADHDに効く』という事例も信用度が上がってくるかと思います。

 

薬を使わずにADHDは治る又は症状を減少させることができるものなのでしょうかね?あと5年もしたら解明されそうで、ワクワクします。みなさんはどう思いますか?

 

最後に

最後にちゃぶ台をひっくり返すようなことを書いておきます。

言及先の記事で記載されているのは、あくまで『学校の成績がオールA』になっただけという点です。勉強が出来れば社会に出ていけるとは言えませんよね。

勉強ができる人がなんでもできるわけではないので、逆に長所を失っている可能性があります。これは以前書いた『ストラテラ』服用の記事と同じような意見です。

国も違うしどのレベルの勉強を指しているのかわかりませんが、僕の認識ではある程度の勉強はアイディアは要らなかったりしますもんね。注意散漫がなくなってしまえば出来るとも言えてしまいます。

この辺り何か失っている部分もあるかと思っていますので、その辺りも今後解明されていくと面白いですね。

 

でわ!

 

 

▼関連記事

MEC(メック)を1年以上続けて糖質制限した結果。

ぴぃと発達障害トークセッション:糖質制限とADHD

遅延型ADHDが研究で発見されたらしい。

【キヨスイ持論】今わかっている発達障害者の過集中をまとめたよ!