読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつうってなに?

発達障害を中心に雑多に更新していきます。

ドラマ「カルテット」感想とか出演者とか主題歌とか書いておいたよ!

映画・ドラマ
スポンサーリンク

オススメ記事

本が嫌いなあなたへ!オーディオブックFeBeがオススメな5つの理由

カサンドラ症候群になる前に読むべき本

ハーレークインって誰?まとめ記事!

10年後も読み返したくなる漫画たち!

f:id:kiyosui:20170118112232p:plain

 

ども!キヨスイ(@kiyosui_goraku)です!

 

昨日から始まっている「カルテット」というドラマがめちゃくちゃ面白かった!完全に僕好みのドラマ確定です!

 

スポンサーリンク
 

 

ドラマ「カルテット」とは?

 

ある日、“偶然”出会った男女4人。
夢が叶わないまま、人生のピークにたどり着くことなく緩やかな下り坂の前で立ち止まっている者たちだ。そんな4人がカルテットを組み、軽井沢で共同生活を送ることになる。しかし、その“偶然”には、大きな秘密が隠されていた……。
巻真紀(松たか子)は別府司(松田龍平)の運転で軽井沢の別荘へとやって来た。待っていたのは世吹すずめ(満島ひかり)と家森諭高(高橋一生)。東京のカラオケボックスで出会った4人は皆演奏者で、弦楽四重奏をやることになったのだ。ライブレストランで演奏しようという話になるが、その店では“余命9ヶ月”のピアニスト・ベンジャミン瀧田(イッセー尾形)がレギュラー演奏していた。そこで真紀は、突拍子もないことを言い出す。

あらすじ|TBSテレビ:火曜ドラマ『カルテット』

 

偶然カラオケBOXで出会った4人がたまたま皆演奏者で、ヴァイオリン、ヴァイオリン、チェロ、ヴィオラというカルテットをしなきゃいけないと言わんばかりの出会い。

奇跡っぽいかた軽井沢の別荘で週末だけでも4人で過ごして音楽生活を始めよう!っていう夢のようなお話です。

このドラマの設定は、みんな30代だったと思う。満島ひかりさんの役だけ微妙なところだけど。

 

アマチュア弦楽四重奏を組むわけですよね。みんな夢に向かって、日々音楽と向き合いながら4人で恋愛しちゃうというドラマ。

 

カルテットの出演者

 

  • 松たか子
  • 満島ひかり
  • 松田龍平
  • 高橋一生
  • もたいまさこ

 

 

巻 真紀(松たか子)

f:id:kiyosui:20170118101804p:plain

プロの演奏経験のある第一ヴァイオリン奏者です。そして主婦という。

声がめちゃくちゃ小さい。何言っているか聞こえない。そして超ネガティブ思考です。

緊張すると夜中に動画サイトを見るみたいなんですけど、見る内容も超ネガティブでした。「イチローのエラー動画集」とか。

1年前から旦那さんが失踪してしまい、自宅ではずっと一人で過ごしている。

 

第1話で自分たちがレストランで演奏するために超大胆な行動に出るという一面も持っています。

 

世吹 すずめ(満島ひかり)

f:id:kiyosui:20170118102241p:plain

チェリストで無職。第1話で「もたいまさこ」に巻と友達になるように依頼される。

彼女がこの4人の中にいるのは偶然じゃなくて必然です。

特徴はとにかくどこでも寝ちゃう人というところ。二度寝も大好きみたいです。作中でもしょっちゅう寝ているんですけど。

 

満島ひかりさんの配役でバッチリおっけーっす!この人の寝顔がめちゃくちゃ可愛い。たぶん、昨日寝顔にTKOを食らった視聴者は多いはず。

 

家森 諭高(高橋一生)

f:id:kiyosui:20170118102601p:plain

ヴィオラ奏者です。

美容師でアシスタントの仕事をしています。年齢は35歳。かなりモテて道でたまたま出会った女子大生にキスできちゃうほど。

そして、かなり理屈っぽい。第1話では唐揚げにレモンをかけるのか?かけないのか?でかなりの論争を繰り広げていた。

見た目は大人でしっかり者な感じもするが、なかなか前に進めず大人になれない一面を持っている。

 

高橋一生さんって最近、前にガンガン出てきましたね。出演作品はかなり多いんですけどね。

この人は、本当に前から見るとイケメンですねぇ〜!クールで変わり者の役ががっちりハマっています。

 

別府 司(松田龍平)

f:id:kiyosui:20170118103210p:plain

第二ヴァイオリン奏者。

温厚な性格をしていて、人生で一度も怒ったことがないらしい。

カルテットを組もうと提案したのも彼です。軽井沢の別荘も彼のもの。なぜ彼は別荘なんか持っているかというと。

彼の祖父は世界的指揮者なのです。祖父の所有する別荘を借りているだけ。普段は「ふくろうドーナツ」に勤務している。

 

松田龍平さんって本当に弱い男の役というか頼りない男の役が最高に似合うようになってきました。

舟を編むくらいから、こっち路線がハマってきた感じですね。今回も期待しております!!

 

巻 鏡子(もたいまさこ)

f:id:kiyosui:20170118103612p:plain

巻真紀の義理の母である。真紀に息子を殺されたと思っていて、満島ひかり演じる「すずめ」に真紀の真の姿を探るように依頼しています。

 

もたいまさこさんが出演していることで、このドラマを観ることが確定しました!

彼女が出演している作品で僕が好きな確率はかなり高い!彼女がいることでサスペンス臭?が少ししてスパイスになりそうです。

 

その他の出演者

f:id:kiyosui:20170118104255p:plain

カルテットドーナツホールが演奏することになったレストラン「ノクターン」で働いている役者陣です。

2話以降も絡みがあるのかな?

 

f:id:kiyosui:20170118104341p:plain

家森 諭高(高橋一生)を追いかけている謎の男はRHYMESTERのMummy-Dさんが演じています。

 

このドラマ音楽に手抜きなし!

観るとわかるんですけど、音楽に手抜きなしです。

しっかりと楽器指導がついています。もちろん役者さんたちはエアー演奏なんですけど、素人に違和感を感じさせないくらいは余裕です。

 

作中に流れる曲の演奏者

QUARTET PAPAS クァルテットパパス
1stviolin:粟津惇
2ndviolin:青山英里香
viola:武田麻耶
cello:奥村景
2012年、桐朋学園大学の同期生で結成。
クラシック音楽と共に、映画、ゲーム音楽、プログレ、アイリッシュ。メンバーの好物をあらゆる方面から探し出し、オリジナルアレンジを基本にレパートリーを広げている。
定期コンサートの傍ら、アウトリーチコンサートツアー、アーティストのレコーディング、現代曲初演など精力的に活動中。

弦楽四重奏 QUARTET PAPAS|TBSテレビ:火曜ドラマ『カルテット』

 

ゲーム音楽を得意とすることから、ドラクエのテーマ曲なども作中で流れていました。

しっかりと素人視聴者を惹きつけるように工夫されていますよね。

 

主題歌は作詞作曲「椎名林檎さん」

番組のエンディングテーマはこちらです。

ドラマ限定で、出演者のみで組まれたユニット曲がめちゃくちゃカッコいいんです。聴けばわかるとおもいますが。

作曲、作詞は椎名林檎さん。もう、椎名林檎カラー全開の曲になってます。

松たか子さんは歌手経験あるだけあって、しっかりと歌えているのが評価高いっす!!男性陣をコーラスに回して上手に馴染ましているのもさすがっす!!

これなら次回予告まで見ちゃいますね。

 

「カルテット」第1話の感想

満島ひかりさん演じる、すずめがもたいまさこさんに依頼を受けるところからスタートするんですけど。

最初はぶっちゃけ訳のわからないスタート。もたいまさこさんだから観るかという感じです。

なぜこのスタートだったのか?を第1話内でやんわり説明してくれるので最初の布石回収を上手にやってくれて尚且つ次回以降も楽しみになる締めくくり方でした。

 

唐揚げレモン論争

第1話は「唐揚げにレモンをかけるのか?」論争が面白かった。

家森が唐揚げにレモンを勝手にかけてしまった、別府とすずめに説教をするがなかなか本質を理解してもらえず嫌気がさしてしまう。

この流れは僕は完全に家森派。

 

レモンをかけてしまうことが悪いわけじゃなくて、レモンを勝手にかけてしまうことでもなくて、レモンを唐揚げにかけてしまうという行為はどういったことなのか?を理解してほしいんですよ。

そして、この本質を理解してもらえればレモンをかける際にどういった声を他者にかければいいかわかるよね?ってことだと思うんですよ。

 

短絡的にレモンかけちゃってすみません。ということで終わらせてしまうと、またやるでしょ?もうなんか違うんだよ!って思う。

 

「レモンかけてもいいですか?」と聞かれると防戦一方なのもめちゃくちゃ理解できる。相手が防戦一方を狙って言ってくるならまだいいけど、そうじゃなく気遣いで使ってこられるとマジでに防戦一方になってしまうんですよ。

「だから防戦一方になっちゃうんだよ!」っていうのを分かってほしい、という家森だったはず。ここの共感は最近のドラマで最高潮。ビッグバンセオリーのシェルドン以来でした。

 

そんな論争の中すずめが「〜じゃないか」を家森の真似をして続けていることが、すげぇウケたんですけど。

 

ピアニスト「ベンジャミン」の嘘

あと印象的なのは「家の壁に画鋲をさせない人間は音楽を続けるのに嘘ぐらいついちゃう」ってシーン。

うん。画鋲させないくらいだと音楽を純粋に続けるのって難しいよね。どっかやっぱり壊れてないと続けられない。

 

ピアニストのベンジャミンなりの諦めが入った余命9ヶ月の嘘だったんじゃないかな。過去の栄光にすがっているベンジャミンは、オヤジだし。もう終わっている人なんだけど。

音楽を続けたかったんですよね。音楽にすがっていたんですよね。気持ちだけはわかる。

 

真紀のなりふり構わない行動

ピアニスト「ベンジャミン」の嘘を知っていた真紀は、レストラン側に嘘を報告してベンジャミンを首にするように促す。

このなりふり構わない大胆な行動には、「あぁ僕も同じ立場だったらやる」と思いました。

自分たち4人が何のために集まって軽井沢の別荘まで来てカルテットを組んでいるのか?という本質的なところを考えたら、そく行動に出た方がいい。ただのチャンスでしかないから。

彼女の大胆な行動で4人はモメるんですけど、結局は演奏をすることになる。結果的には演奏してよかった。

チャンスは多いに越したことないですからね。

 

とこんな感じで第1話からすげぇ楽しめた!

サスペンス要素も入ってくるのかな?いい感じに混ざってきてくれるとさらに僕好みになりますので、今後の展開に期待します!

 

最後に

このドラマは今季で毎回見るものに決定です!火曜日22:00は「カルテット」を見てみましょう!

今後、2 話以降の感想を書くかどうかは考え中ですが、とにかくおすすめドラマです!是非、ご覧ください!

 

 

出典元:火曜ドラマ『カルテット』|TBSテレビ